中性脂肪とは

中性脂肪とは

中性脂肪とは、別名トリグリセドと呼ばれる三つの脂肪酸とグリセロールという物質が結びついてできたものをいいます。
血液中の脂質には、中性脂肪を始め、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸などがあります。
脂肪といわれると、つい肥満や生活習慣病などの悪いイメージを連想しがちですが、エネルギー補給源として重要な役割を持っているのです。

他にも、内臓を外部の衝撃から守ってくれたり、体温の保持など身体にとって大切な役割を担っています。
中性脂肪とは、体内で備蓄されているエネルギーのことで、「らくだのコブ」のようなものになります。
人の身体の中で、最も多く存在する脂肪が中性脂肪です。

ただ、中性脂肪は体脂肪の元になるので、蓄積されると体脂肪に変わってしまいます。
食事から摂取されて血液の中を運ばれ、全身を巡りますが、エネルギーとして消費されなかった分は肝臓に溜まっていってしまうのです。

中性脂肪は、糖質の約二倍のエネルギーを持っており、万が一の非常時に備えて体内に溜まっていく性質があります。

これは生命活動を維持するためなのですが、食生活が豊かで運動不足の人が多い現代社会では、中性脂肪をためすぎることで、逆に身体の害となり、健康に支障が出てしまうことも少なくありません。
中性脂肪が過剰に体内に蓄積され、たまりすぎることで、動脈硬化や糖尿病、脂肪肝といった病気を発症しやすい体になってしまうのです。

体内に蓄積された中性脂肪は、外見で判断することが難しく、特に自覚症状もないため、一般的には健康診断などで検査されています。