アルコールと中性脂肪

アルコールと中性脂肪

ビールやお酒などのアルコールの飲みすぎは、中性脂肪値を高くする大きな要因となります。
アルコールを飲むことが、必ずしも身体に悪いわけではありません。

でも、アルコールが好きで毎日たくさん飲んでいる人は、中性脂肪の値に気をつける必要があります。
アルコールの摂取を控えるだけで、数ヵ月後には中性脂肪値を正常の値にすることも可能なのです。
例えば、塩分の多いおつまみと一緒にお酒を飲むと、カロリーの消費が追いつかず、悪玉コレステロールと中性脂肪が増えてしまいます。

お酒を多く飲む人は、高中性脂肪血症と高コレステロール血症を併発することがよくあります。
中性脂肪値が高くなると、動物性脂肪の摂りすぎだけが原因だと思われがちですが、肝臓にたまる中性脂肪はアルコール成分からも作られるのです。

アルコールは肝臓で分解されて、最終的には水と二酸化炭素になって排出されます。
アルコール自体は体内で分解されるので、直接中性脂肪値には影響しません。

しかし、アルコールを分解する過程で中性脂肪の合成が促進されてしまい、肝臓の脂肪細胞の中に蓄えられてしまうのです。
肝臓に中性脂肪がたまることで脂肪肝を引き起こし、悪化すると肝硬変や肝臓ガンになるリスクも高まってしまいます。

中性脂肪の増加や脂肪肝は、自覚症状がほとんどないため、日頃から注意しなければいけません。
適度な飲酒には、血行の促進やストレスの解消、疲労回復などの効果があることが医学的にも認められています。

付き合い方を間違えずに、上手くお酒と付き合ってください。