高脂血症と中性脂肪

高脂血症と中性脂肪

高脂血症は、それ自体は特にこれといった症状のない病気ですが、高血圧や動脈硬化と深く関係しており、脳梗塞や心筋梗塞などの恐ろしい病気を引き起こす可能性があります。
高脂血症と診断されると、まず、医師から、一定期間の食事制限を指導されるでしょう。

中性脂肪を増やすといわれるバターやクリーム、脂質の多い牛肉や豚肉などの動物性の脂の摂取を控えなくてはならなくなります。
植物性の油や魚の油を摂るようにする一方で、糖質の多い果物、甘いもの、スナック菓子、清涼飲料水などもできるだけ摂らないようにします。

ただ、飲酒には血行促進やストレス発散など、医学的に認められた効果もありますから、嗜む程度に楽しむ分には問題ないでしょう。
中性脂肪を減らすための食事療法にも色々とありますが、中でもオススメなのは食物繊維を多く摂取するようにすることです。
食物繊維には体内の糖質や脂質を吸収し、便として排出してくれる働きがあります。

海草やきのこなどに多く含まれていますが、一日に必要とされる20〜25ミリグラムを毎日摂取することは容易ではありません。
調理法を工夫し、カサを減らして摂取したり、サプリメントなどを有効に利用するのも良いのではないでしょうか。

また、どんなに食事内容が素晴らしいものであっても、食べすぎては意味がないです。
食事は常に腹八分目を心掛けるようにしてください。
何よりも、三食きっちりと食べることと、バランスの良い食事を摂ることが大切です。

まずは、自分の身体に合った必要な摂取カロリーなどを調べてみるとよいでしょう。

中性脂肪値は食事療法で改善できるものですから、毎日の食生活を見直すことが重要です。