中性脂肪が高いといってもなかなか治せない生活習慣

中性脂肪が高いといってもなかなか治せない生活習慣

中性脂肪値が高いと診断されても、どうしても生活習慣を改善できない人、それに、生活習慣を改善しても数値が高いまま下がらない人も少なくありません。

中性脂肪値が高い状態が続くと、動脈硬化や心筋梗塞などが起こる危険性がどんどん高くなるので、薬を使って治療します。
一般的に、高脂血症や脂質異常症の場合は、3〜6ヶ月くらい食事療法を行い、食事療法で数値が下がらない場合には薬物療法を行うでしょう。

病院で処方される薬には、「フィブラート系」「ニコチン系」「EPA系」の三つに分類されています。
フィブラート系の薬の効果は、肝臓での中性脂肪の合成の抑制・血中の中性脂肪の減量・コレステロール値を下げることです。

ニコチン系の薬には、中性脂肪の分解を促進する働きがあります。
EPA系の薬は、中性脂肪の合成に必要なたんぱく質を減らす働きがあり、血中の中性脂肪を減らすことができるのです。
中性脂肪値は生活習慣が原因で高くなることが多いので、多くの場合はライフスタイルを見直すことで改善できます。

そのため、基本的な治療は食事療法や運動療法をメインとして行われることがほとんどです。
薬物療法は最終的な手段ですから、薬を使って治療をしていくということは、中性脂肪値が高く、動脈硬化や心筋梗塞へのリスクが高い状態であることを表しています。

他にも、ドラッグストアなどで手軽に手に入る薬もありますが、中性脂肪値を下げる薬には即効性はありません。
効き目がゆっくりと現れるため、継続して毎日飲まないと効果が期待できないのです。

それに、薬を飲んでいるからといって薬だけに頼ることなく、食事療法や運動療法もしっかりと取り入れていきましょう。