中性脂肪が多いと?

中性脂肪が多いと?

中性脂肪が多いとどうなるのでしょう?よく言われているのは、生活習慣病・成人病の原因になるということですね。
具体的に言えば、肥満が原因で、糖尿病や高血圧といった病気を発症しやすくなります。
糖尿病や高血圧は、動脈硬化や心筋梗塞・白内障・四肢の壊死といった重篤な病気の原因となります。

つまり、命に関わるような重大な病気の原因になるんですね。
中性脂肪とは、皮下脂肪や内臓周りの脂肪を指すのですが、特に内臓脂肪による肥満が昨今の現代人は増加傾向にあると言われています。

内臓周りの肥満は外見からは分からないことも多いのですが、様々な内臓器官に負担をかけ、血液中の脂肪分やコレステロールの増加によって血液がドロドロになるため、多くの疾病の原因となってしまいます。
これは高脂血症という病気の症状です。

血液がドロドロになれば、血管が詰まりやすくなったり、血管が硬くなり、破れやすくなります。
血中の脂肪は血液検査で調べることができますから、多くは健康診断で発覚します。

また、内臓脂肪の増加によって、それぞれの内臓が正常に機能しなくなるため、解毒作用などが働かなくなることもあります。

このように、中性脂肪の増加を放置しておくのは大変危険なことが多いです。

こういった病気は初期段階ではほとんど自覚症状がないため、突然、心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な症状を引き起こしてしまうこともあるのです。