中性脂肪の働き

中性脂肪の働き

健康重視の方が多くなっているので、ダイエット関連の話題や体重コントロールについても語られるようになり、「中性脂肪」という言葉が出てくることがあります。

しかし、詳しく中性脂肪について尋ねてみると、しっかり把握していない人がたくさんいるのです。

そのため、中性脂肪を正しく理解するために説明を見ていきましょう。

中性脂肪と表現しているということは、酸性とアルカリ性のいずれにも属さないことを指し示しています。

中性脂肪がどのような流れで作り出されるのかという点に関しては、脂肪分の多い食べ物の摂取や、糖質をはじめとするものを減量に肝臓から生み出されるケースがあります。

こうして、それらの中性脂肪は、皮下に溜め込まれます。

このように中性脂肪というのは嫌われ者ですが、実は良い働きもしていることを理解するべきです。

たしかに一定の量を超えると不健康につながる中性脂肪ですが、いくつかの重要な役目を担っています。

わたしたちの体は、エネルギー摂取が足りないときや、運動しているときなどに、中性脂肪を使用することにより燃焼しているわけです。

他にも体温を保つためや、衝撃に対してのクッション効果といったことでも中性脂肪が働いているのです。

ですから、緊急時のために皮下に蓄えられている適度な量の中性脂肪なら、何ら問題はありません。

でも、食べすぎたり運動が足りないことで中性脂肪が過剰になると、脂肪層の貯蓄分が膨らみ、肝臓や血中にも蓄えられてしまうようになります。

中性脂肪を増やしすぎてしまうと、肥満につながるだけでなく、体に悪影響を及ぼす悪者です。

中性脂肪の量が安全値を超えると、心筋梗塞や高血圧などの病気や、色々な疾病の元凶となるケースが少なくないので警戒しましょう。