中性脂肪の数値

中性脂肪の数値

健康診断で血液検査を受けると、自分の中性脂肪がどのくらいなのか数値がわかります。

健康診断の結果データには、血清脂質検査の箇所に中性脂肪やトリグラセライド、それからTGの項目名で記載されていて、単位は「mg/dl」となります。

それでは、どの程度の数値であれば異常がないと判断できるでしょうか。

これについて、日本医師会の公式ページでは、中性脂肪の基準値は30〜180mg/dlと幅がありますが、150mg/dl以上で高脂血症の診断がされます。

そして、厚生労働省によって2008年4月から開始され、40~70歳の医療保険加入者が対象になっている特定検診(メタボ健診)でも、150mg/dl以上の人が特定保健指導をされるということになっています。

医療の現場では、通常、中性脂肪の基準値が150mg/dl未満なら正常値であり、150mg/dl以上で要注意、300mg/dl以上になれば異常値(危険値)であると診断されるようです。

ただし、この数値が短い期間で急上昇した場合、また中性脂肪以外の脂質の量を表わす数値も考え合わせて必要な場合には、150mg/dl未満であっても治療対象となります。

医者からの厳重な注意を受けた人はもちろん、微妙に心配な数値の結果であった人も、食生活や運動習慣などを見直し、早期に対策を講じることが必要です。

さらに、毎年の定期健診以外の機会にも積極的に採血検査を受けるようにしましょう。

食事や運動について改善したのに正常値になっていかないという方は、何かほかの病気が関係している場合もあります。

数値に関しては自分だけで解決するのではなく、分からない点は医師に質問してみましょう。

ただし、中性脂肪の値は食後に上がるものですので、採血検査は12時間以上何も食べない状態で受けることが求められます。

脱毛クリーム 脇
脱毛クリームで脇が上手に処理できない!とお困りなら一度この方法を試してみてください!