コレストロールと中性脂肪について

コレストロールと中性脂肪について

コレストロールと中性脂肪について、名前は誰でも知っているでしょうが、それがどういうものなのかご存知でしょうか?
どちらも成人病検診などで使われることが多く、また、それらの名前が使われる時は大抵よくない話である・・・って程度の認識ではないでしょぅか?

それに、どちらも溜まると良くないということは誰でもご存知のことと思います。
コレステロールも中性脂肪も、体内の脂肪の名称の一つです。

ですが、コレストロールと中性脂肪は、名前が違うように、その働きにも違いがあります。
中性脂肪は主に皮下脂肪などを指していて、それは身体を動かすために燃焼して使われる脂肪です。

たくさん摂取したとしても、それらを全て燃焼してしまうだけの運動をすれば、身体に蓄積されることはありません。

逆に、そんなに多く摂取しなくても運動をしなければ溜まっていくのです。
これに対して、コレステロールは体に必要な組織を作る脂肪です。

このように、働きは全然違うのですが、どちらも血液中を流れて組織に運ばれます。

そして、必要な分は使用されますが、過剰な分は血液中を流れ続けます。
もし、血液中を流れるコレステロールや中性脂肪の量が増えると、血液がドロドロになっていきます。

すると、高血圧の原因となり、やがてもっと進行して様々な病気の原因となってしまうでしょう。

このように、働きは全く違いますが、どちらも体脂肪の一つであり、増えすぎると病気の原因になります。