中性脂肪と体脂肪とコレステロール

中性脂肪と体脂肪とコレステロール

中性脂肪と、体脂肪またコレステロールというのは、
単純に脂肪として一括りにされているケースがよくあるでしょう。

しかし、その特質や働きの面で個々に異なる部分を理解すると、
ダイエットをしたい場合にも助けになるでしょう。

中性脂肪は、身体の活動に欠かせないエネルギーに用いられるのですが、
多くなってしまうと体脂肪へと変わっていきます。

体脂肪というのは、人間の体の中にある脂肪ということで、
皮膚の下にたまる「皮下脂肪」と、内臓の周りにつく「内臓脂肪」というのもあります。

体脂肪率に関しては体脂肪が体重と照らし合わせてどれくらいあるのか分かるもので、
体脂肪量÷体重×100で割り出すことができ、「%」で表わすことになっています。

目安として体脂肪率の正常値は男性で15〜25%、女性で20〜30%というのが基準で、
それ以上になれば肥満と見なされます。

女性の方が値が高いですが、なぜなら妊娠や出産のために体脂肪が欠かせなくなるからです。

コレステロールといえば、男性ホルモンや女性ホルモンの、それから細胞膜の元として、
人体になくてはならない脂質とされています。

既に知っている人もいるでしょうが、コレステロールの中でも悪玉と呼ばれるLDLコレステロールと善玉といわれるHDLコレステロールとが存在しています。

LDLコレステロールが悪玉であると考えられているのは、
多ければ血管の内側へ蓄積するという特色を持っているからです。

一方、善玉と呼ばれるHDLコレステロールには、
沈着を始めてしまったLDLコレステロールを除去する働きをするのです。

それゆえに、LDLとHDLのバランスがとれている状態では、
LDLコレステロールも悪者にならずに済むのです。

また、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは120mg/dl以上となれば危険信号が点灯し、
HDLコレステロール(善玉)は40mg/dl以上の数値がなくてはなりません。

脱毛 滋賀
心躍るスベスベ感!自分史上最高の肌を手に入れるには脱毛が避けて通れません。
滋賀県には魅力的な脱毛サロンが沢山あります。