中性脂肪と肥満

中性脂肪と肥満

肉類が多かったり、脂質と糖質を余分に摂り入れる食生活をすることで、中性脂肪が増えすぎてしまい、肥満体型になる人が増加しています。
肥満により他の病気を招くことがありますので、いわゆるメタボ健診というものが2008年4月から行われるようになりました。
メタボ健診の結果、生活習慣病のリスクがあると判定された場合には、特定保険指導を受けなくてはなりません。
特定保険指導では、肥満の種類分けをしてから、最適な対応策を示してくれることがあります。
では、肥満の中でどんなタイプに分かれるのか簡単にご説明しましょう。
まず、女性に多い洋梨タイプを把握しましょう。
上半身の体型はそれほど大きくないのに、皮下脂肪が腹部、尻、太もも、腰に蓄積された肥満のタイプで、皮下脂肪型肥満と言われるものです。
こうしたタイプでは特に、中性脂肪を過度に摂ることや運動をしないことが主要な原因です。
続いて、中年の男性にありがちな、りんごタイプの肥満です。
りんごタイプというのは内臓脂肪型肥満に分類され、上半身、とくに腹部に多量の脂肪がつき、膨らんで見える状態です。
この他の内臓脂肪型肥満としては「隠れ肥満型」とも呼ばれ、脂肪は肝臓など臓器周辺についていくというものです。
肝臓で作り出される中性脂肪については脂肪細胞の中に蓄えられていくので、内臓脂肪型肥満を引き起こす原因となります。
隠れ肥満型ですが、体脂肪率を測ってみると一目瞭然なのですが、見た目だけでは肥満と判断できない場合があるので用心が必要です。
三つ目は、現代病と称されている血液肥満タイプを確認していきましょう。
「ドロドロの血液」というのを多く聞くことがありますが、血液中に中性脂肪やその他の脂質が多くなりすぎて起きてしまう血液肥満のことを指し示しているのです。
こうしたことから、肥満解消や肥満予防には、中性脂肪を調整することが密接に繋がっているのです。