中性脂肪が引き起こす病気

中性脂肪が引き起こす病気

中性脂肪が体内に取り入れられると、まず皮下脂肪へ蓄えられ、人体の活動の際にエネルギーとして燃焼します。
けれどもその量が多くなると、余分な脂肪となるだけでなく、血液や肝臓に蓄積されることにより、健康を損なう原因となります。
メタボ健診と呼ばれる検査では、中性脂肪が150mg/dlを超えた場合には特定保健指導をしてもらう必要があります。
日本医師会のサイトに載っている説明でも、150mg/dlの中性脂肪値になっているかどうかを高脂血症の診断に用いるということです。
高脂血症は脂質異常症と言われることがあり、コレステロールの量が多ければ「高コレステロール血症」と呼び、中性脂肪値が非常に高い場合は「高中性脂肪血症」と呼びます。
高脂血症になった場合でも、外見的な腫れや痛みなどの自分で気が付く症状はないといわれています。
これにより、早い段階で分かることができず、中性脂肪との関係は病気になって初めて自覚するということがよくあります。
高脂血症は長期間放って置かれると、動脈硬化の危険が高まりますし、高血圧症を発生させる可能性があります。
高血圧や動脈硬化に関しては、片方の症状がもう片方の症状を進行させるという招かれざる相互作用があるのです。
そのうえ動脈硬化と高血圧は脳梗塞などの脳血管障害や心筋梗塞という心疾患を引き起こす原因にもなると言われています。
もうひとつ、たくさんの中性脂肪が肝臓に蓄えられると、過栄養性脂肪肝という疾病を引き起こします。
それから糖尿病や膵炎といった病気も、中性脂肪が原因となる場合も少なくありません。
中性脂肪はこのようにたくさんの病気を引き起こすことにつながりますので、健康診断などで定期的にチェックしましょう。
検査でわかった数値は、ダイエットのために利用するというのではなく、病気を防ぐために活用しなくてはなりません。