中性脂肪値を抑える食事

中性脂肪値を抑える食事

中性脂肪に関しては、元々の予備エネルギーとしての役割に用いる分だけを蓄え、余分がない状態にしておくのが理想的です。
中性脂肪値がすでに要注意となっている人は、これ以上ひどくならないように誤りのない食生活に修正しなくてはいけません。
まず第一に、食事の頻度、いつ摂っているかについて考えてみましょう。
朝食を抜く癖のある方や、夕食の時間が夜遅くになってしまう方は、中性脂肪が溜まりやすいといえます。
食事は一日三回、朝昼晩ととるようにしますが、特に朝と昼をしっかり食べるようにしましょう。
晩ごはんについては、可能な限り早い時間に、食べる量は控え目にするのが好ましいでしょう。
それでは、食事の中身についても押さえておきましょう。
大切なことは多くのダイエットと同じく、特に脂質や糖質が多く含まれるものは食べないことです。
また、中性脂肪を減少させるといわれる食材などを意識して食べることで、さらに効果的な食生活の改善ができます。
魚介類、特にイワシ、サバ、ニシンなどには、特にエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などがたくさん入っています。
不飽和脂肪酸の一種であるEPAとDHAは、中性脂肪の肝臓での生成を邪魔したり、血中に存在する中性脂肪を少なくする働きをしてくれます。
納豆にも、ナットウキナーゼという名がつけられている酵素が入っているのです。
ナットウキナーゼに関しては、血栓へと働きかけることで分解する効き目があり、ドロドロ血液をサラサラ血液へと変化させていきます。
特に豆類や海藻類というのは、低カロリーでありながら食物繊維は多量に含んでいるのが特徴的です。
食物繊維は他にも、脂質や糖質の吸収を行い排出するという作用があるとわかっています。
特定健康保健用食品と認められている食品を使っていくのも有効でしょう。
しかし、中性脂肪が危険値と診断された方は、専門の医師による食事療法を行うことになるでしょう。