脂質異常症の治療

脂質異常症の治療

医療の業界では、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高中性脂肪血症の総称に「脂質異常症」という呼称で病名が呼ばれたりします。
この呼び方は、日本動脈硬化学会が以前発表を行った指針に沿うものなのです。
今までは、総コレステロール、悪玉のLDLコレステロール、中性脂肪のいずれかひとつでも基準より高い数値の場合、またはHDLコレステロール(善玉)が基準より低い数値の場合を一括りにして「高脂血症」と呼んでいました。
しかし、善玉コレステロールについては低い数値なのに高脂血症の「高」が使われた病名に定めるのは分かりにくいと感じる人が多かったと思われます。
脂質異常症と診断される場合の基準としては、HDLコレステロール40mg/dl未満、LDLコレステロール140mg/dl以上、中性脂肪150mg/dl以上と決められています。
高脂血症や脂質異常症での治療に関しては、まず食事療法と運動療法を中心とした診療が行われます。
そして、食事療法と運動療法で思ったように成果があがらないときには、薬物療法も用いられます。
食事療法と運動療法を用いた治療の場合は、個々の患者に合わせた専門的なプログラムが作り出されます。
薬物療法について、高い中性脂肪の値を示している人には、フィブラート系薬剤(ヘザトールなど)を主に用いる治療が行われます。
LDLコレステロールの高い人には、リピトールやクレストールをはじめとしたスタチン系薬剤やゼチーアなどの脂質吸収抑制剤がメインとして用いられます。
他にも、魚の抽出成分として知られるEPA(エイコサペンタエン酸)を精製した医薬品も有効なものとして用いられます。
薬剤によって値が改善されても、食事や運動の習慣が悪かったときに陥らないように注意しましょう。