中性脂肪による健康被害

中性脂肪による健康被害

中性脂肪は生命維持・活動に必要不可欠なものですが、過剰になると様々な健康被害の原因となります。

それでは、中性脂肪が増える主な原因は何なのでしょう?中性脂肪は大きなエネルギー源となる反面、使い切れない中性脂肪は体内に溜まりやすい性質があります。

つまり、中性脂肪が過剰=肥満ということになるわけです。
肥満の大きな原因は、まず最初に、カロリーの過剰摂取です。
いわゆる食べ過ぎ・飲み過ぎですね。

単純に食事量だけなく、食事内容が重要です。
食事内容の欧米化によって肥満が増加したのは有名な話で、質素な和食暮らしをしていれば同じ量を食べたとしても摂取カロリーには大きな違いが出てきます。

特に、肉料理や揚げ物など、脂質の多い高カロリーな食事を継続することが肥満の大きな原因となります。
肥満の人は高カロリーの食事を好む傾向があることは良く知られていますね。

また、アルコール類は案外高カロリーであることと、アルコールを分解するときに中性脂肪の合成を促進すると言われており、これも肥満の原因になるのです。
摂取したカロリーを全て消費してしまえば中性脂肪は溜まりませんが、消費量が摂取量に追いつかなければ中性脂肪が溜まってしまいます。

ですから、運動不足も肥満の大きな原因です。
運動不足や加齢による筋力低下は、基礎代謝を低下させてしまいますから、さらに中性脂肪が溜まりやすくなります。
その他にも、中性脂肪を合成すると言われているのが喫煙やストレスです。

これらを総合すると、中性脂肪が増えてしまった場合には、何よりも生活習慣を見直し、改善する必要があると言えるでしょう。