コレステロールの種類

コレステロールの種類

コレステロールは血中脂質のことを指し、二つの種類があるのですが、ご存知でしたか?
普段はコレステロールと一まとめに言うことが多いのですが、実際にはLDLコレステロールとHDLコレステロールの二種類があります。

コレステロールは、血液の中に存在し、血液とともに体内を移動しています。
LDLコレステロールは、一般的に悪玉コレステロールと言われているコレステロールで、肝臓から出発して全身へ向かい、血管の壁に溜まっていくコレステロールです。

コレステロールが高いといわれる時のコレステロール値は、このLDLコレステロールを示しています。
LDLコレステロール値が高いと、溜まったコレステロールにより血管を詰まらせやすくなってしまい、脳梗塞や動脈硬化など命に影響する大きな病気を引き起こす可能性があると言われているのです。

一方、HDLコレステロールは、一般的に善玉コレステロールと言われているコレステロールです。
HDLコレステロールは、全身に溜まった悪玉コレステロールを連れて肝臓に戻る働きをするコレステロールだと言われており、人間はLDLコレステロールとこのHDLコレステロールのバランスがとれていることで、健康を維持しています。

コレステロール値は、この二種類のコレステロールの数値の変化で体の健康状態を評価しているものです。

そのため、二種類のコレステロールの存在や働きを知っておくと、役に立つのではないでしょうか。