コレステロールの多い食べ物

コレステロールの多い食べ物

コレステロールの多い食品って、どんなものがあると思いますか?コレステロールの多い食品の代表としては、卵が挙げられます。
特に鶏卵の卵黄は100gあたりに1400mgもコレステロールが含まれており、他の食材と比較してもコレステロールの含有量が高くなっています。

続いてコレステロールの多い食材としては、ピータンがあります。
中華料理などでよく利用されるピータンは、常に食卓に並ぶというような食材ではありませんが、こちらも100gあたり680mgのコレステロールを含むと言われています。

他には、筋子やキャビア、タラコやウニなどの魚卵にもコレステロールが多く含まれていますよ。

また、卵類と並んでコレステロールの含有量が多いものには、肝や内臓などがあると言われており、アンコウの肝や鰻の肝、鶏レバーや豚レバーなどもコレステロールが多く含まれている食材となっています。
卵や魚卵、肝や内臓以外にコレステロールを多く含む食材として、魚類が挙げられます。

何気なく食べがちな魚類ですが、スルメやシシャモ、タタミイワシなどにはたくさんコレステロールが含まれていますし、イカや桜エビなどにも多くコレステロールが含まれているようです。

一般的にコレステロールの摂取量は、成人男性で一日に750mg未満、成人女性で一日に600mg未満となっています。

コレステロールの摂取量が少なすぎても、多すぎても身体に支障が出るものなので、コレステロールの摂取には気を配るようにするとよいでしょう。