運動とコレステロール

運動とコレステロール

運動は、コレステロールと大きく関係していると言われており、コレステロールをコントロールするためには運動が良いとも言われています。

そもそもコレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールという二種類があり、コレステロール値が高いと言われている状態の時には悪玉コレステロールが高いという状態にあります。
この悪玉コレステロールを減らすためには、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動により、体内の脂肪を燃焼させる事が効果的な方法だと考えられているのです。

また、有酸素運動をすると、悪玉コレステロールを減らすだけでなく、善玉コレステロールを増やすという事もわかっています。

さらに、善玉コレステロールを減らしてしまう働きをもつという中性脂肪を燃焼させる効果もあるので、より一層、善玉コレステロールを増やす事が可能になります。

しかし、脂質や中性脂肪は、一定時間以上の運動をしないとエネルギーとして消費されないと言われており、一回の運動で30分以上の有酸素運動を行う必要があるのです。

それに、コレステロールをコントロールするためには、この有酸素運動を継続させる事も大切になるでしょう。
ウォーキングやジョギング以外にも有酸素運動には、水泳やエアロビクス、サイクリングなどがあり、これらの有酸素運動を行うことでコレステロールを下げるとともに、心肺機能の強化や体力向上なども見込めます。

コレステロールを減らしたい時には、適度な有酸素運動を継続して行ってみてはいかがでしょうか。