内臓脂肪とは

内臓脂肪とは

内臓脂肪とは簡単に説明しますと、内臓周辺と腹筋の間につく脂肪のことです。
内臓脂肪と聞くとあまり良いイメージを抱く方はいないと思いますが、内臓脂肪は内臓を正常な位置に保ってくれるという働きがあります。

しかし、皮下脂肪と違って、外見からでは内臓脂肪がどのくらい体内に蓄積されているかを測定することはできません。
外見はとても細くて脂肪なんてついていなさそうな方でも、実際に内臓脂肪を測定してみると、基準値を超えているなんてことも結構あるのです。

やはり、外見で判断しがちですが、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が人間の体に悪影響を与えてしまいます。
内臓脂肪が生活習慣病を引き起こす要因になったり、高血圧や糖尿病、動脈硬化などの成人病に影響を与えることもあります。
他にも、血栓を起こしてしまう物質を作り出す働きも持っているので、脳梗塞や心筋梗塞の原因となることもあるのです。

そのため、みえないからといって油断して、内臓脂肪を体内に蓄積してしまうと、後で危険な状態に陥ることがあるので注意しなくてはなりません。

内臓脂肪を測定するためには、いくつかのチェック方法があります。
健康診断でも実際に行われていて、誰でも簡単に測定できる方法は、ウエストのサイズをメジャーで測ることです。
男性の場合は85cm以上、女性の場合は90cm以上ウエストのサイズがあるようであれば、内臓脂肪が多く蓄積されている可能性が高いでしょう。

ただ、内臓の周囲に何cm内臓脂肪がついているかを細かく診断するには、CTスキャンなどでチェックするしかありません。

新潟で過払い請求
新潟で過払い請求を依頼する場合の弁護士の探し方や報酬の相場などを紹介しています。