内臓脂肪レベルでチェック

内臓脂肪レベルでチェック

あなたは自分自身がどれくらい内臓脂肪を蓄積しているかご存知ですか?
内臓脂肪は皮下脂肪のように自分でつまんだり、鏡で自分の体をみるなど、見た目でチェックすることができません。
見た目がとてもスリムな方でも、実際に内臓脂肪を測定してみると、かなり内臓脂肪を蓄積していたりするケースが多くあったりします。

そこで、内臓脂肪がどれくらい蓄積されているのかをわかりやすくするために、内臓脂肪レベルというものがあります。
内臓脂肪レベルとは、蓄積されている内臓脂肪の面積をレベル1〜30の段階に分けたものです。
このレベルについて説明しますと、標準値はレベル1〜9まで、やや高いとされるのはレベル10〜14、レベル15以上は内臓脂肪レベルが高いと診断されます。
レベル10を超えた段階で、普段の生活など、注意しなくてはなりません。
10を超えると、テレビや雑誌などで目にすることもあると思いますが、「メタボリックシンドローム」という状態で、生活習慣病や成人病を引き起こす確率が正常な人よりも高くなります。

では、内臓脂肪レベルを測定するには、どうしたらいいのでしょうか。
正確に内臓脂肪レベルを測定するのであれば、やはり、医療機関へ行って測定してもらう必要があります。
医療機関では、「ファットスキャン」や「CTスキャン」といった機械を使って内臓脂肪を測定するのです。

これらの機械は、内臓脂肪のレベルを測定できるだけでなく、内臓脂肪の面積や内臓脂肪と皮下脂肪のつき具合など、細かい部分まで正確に測定することが可能です。